面接での逆質問について

面接では多くの場合、面接官から何か質問はないかということが聞かれます。その際、何も質問をしなければ意欲がないとみなされてしまいますし、質問の内容によっては合否が左右されることもあるため、この逆質問にどう対応するかも面接では重要になってくるのです。

そもそも面接官がなぜこうした逆質問をするのかというと、それは応募者の意欲やコミュニケーション能力を知るためだといわれています。応募する際はその職場についていろいろと調べているはずなので、何も質問をしないとその会社に興味がなく、志望意欲が低いとみなされてしまいかねません。そして、逆質問を促された際にしっかりと対応し、自分の考えを述べられるかどうかによってコミュニケーション能力のチェックがなされているということが窺えるでしょう。

次に、実際に質問をする際に知っておきたい対策のポイントとしては、逆質問は自己アピールできるチャンスとして捉えるということが挙げられます。そのため、意欲や自分の長所などをアピールできるような質問内容を事前に考えておくことが重要だといえるでしょう。ただし、質問は何でも聞いていいわけではなく、マナーを知っておくことも大切です。

聞いてはいけない質問としては、前もって調べておけばわかるような質問や面接官が先に話したことを繰り返すような質問が挙げられます。さらに、給料や休日などに関する質問も、あまり露骨に行うと悪い印象を与えてしまうため、質問の仕方には配慮が必要でしょう。