忘れず行いたい面接対策

面接で結果を残したいのであれば、前日までにしっかりと対策をしましょう。まずは、会社から送られてきたメールをもう一度隅々まで確認します。座談会や説明会とは違う会場で面接が行われることや、面接だけではなく筆記試験やグループディスカッションが行われるといった内容が書かれていることがあるためです。想定していなかったトラブルが発生してしまうと、面接で十分にアピールできなくなってしまうので、メールは欠かさずチェックするよう心がけましょう。

また、交通機関の情報をチェックしておくのも重要です。面接が行われる会場には早めに着いておくことが大切なので、電車を利用する場合は遅延が発生することも想定して計画を立てましょう。ギリギリに到着してしまうと心に余裕が生まれず、緊張したまま面接を迎えることになります。特に乗り慣れていないルートを経由するなら、乗換えの仕方も確認しておくことがおすすめです。

そして、面接の答えを考えておくことも大切で、逆質問が行われることを想定して答えを決めておきましょう。自己アピールや志望動機についても、おかしいところがないか前日に最終チェックするとより安心です。

この他、前日はアルコールやカフェインなど睡眠の質を下げるものは避けて、睡眠時間をしっかり確保することも欠かせないポイントとなっています。緊張して眠れない場合は、ストレッチやジョギングをすると眠りやすい状況を作ることが可能です。このような対策を前日に行い、当日を万全の体制で挑みましょう。