好印象を持ってもらうために

面接をするときに好印象を持たれるポイントの一つとして、笑顔があります。求職者が転職活動に必死になっているときや余裕がないときなどは、笑顔になることはほとんどありません。そのため、笑顔が魅力的な求職者が面接にくると、面接官は余裕のある求職者だと思います。笑顔になれるほど余裕で転職活動しているのであれば、仕事に自信があるからだと考えるため、求職者にとっては多少なり有利に進めることができるようになるのです。

笑顔がもたらすのは好印象だけではなく、転職活動を楽にする効果もあります。ただし、笑顔になるのは面接官が面白いことを話したときだけにすることが大切です。笑ってはいけないタイミングで笑うと、むしろ悪い印象につながってしまいます。

他に好印象を持たれるポイントとしては、スーツや髪型などの身だしなみです。求職者のスーツはくたびれていないものの使い込まれている方が好印象で、新品だと仕事ができないというイメージを持たれる可能性があります。使い込まれていてキレイにしているのであれば、仕事ができる人というイメージができるのです。スーツや鞄などは使い込まれているものでもいいですが、髪型はきちんと整えておきましょう。

また、言葉づかいは業界に合わせた言葉づかいをすると好印象です。業界には業界の言葉があるので、その言葉を学んでおくことによって、面接のときに役に立つことも出てきます。特に現場の人にとっては、同じ言葉を話す人の方が親しみやすく、好印象を持ちやすいです。