好印象を与えるポイント

面接をする際には、会社側に少しでもいい印象を与えたいものです。まず、第一印象がよければ、その後の面接の質問などもスムーズにいくことがあります。しかし、清潔感を意識して身だしなみを整え好印象を与えることができても、その後の面接の対応でその印象が変わってしまうということがあるので注意が必要です。

例えば、面接中はまっすぐに背筋を伸ばし、質問した面接官の目を見て答えるというのが基本となります。しかし、難しい質問をされたときや答えにくい質問をされたときには、自信のなさから背筋が丸くなってしまうこともあるのです。また、答えにくい質問の場合、不安の表れから視線がうろうろしてしまうこともあるでしょう。

中には、手の置き場に困るという人もいるかもしれません。男性なら軽く拳を握って膝の上に、女性なら手を組んで膝の上に置くことがほとんどでしょう。しかし、手を無造作に動かしたりしてしまうこともあるのです。また、質問に詰まると髪の毛を触ったり顎を触ったりする癖を持っている人もいるでしょう。そのような一つ一つの癖や行動が、相手に与える印象を左右してしまいます。

転職の際の面接で好印象を与えるポイントは、以上のことから背筋をしっかり伸ばすことと質問をした相手の目をしっかり見て答えることです。また、なるべく体は揺れないように、手や足先も動かないように意識しておくことも重要でしょう。細かいところまで注意を払って面接に挑むこと、それが大きな結果につながります。そのためにもっと面接の要点を抑えたい、という場合には《面接マスターになろう》を読むことで、よりいい結果に結びつくでしょう。